スポーツ

マラソンのトイレ問題!垂れ流しは本当?回避するための3つの準備

マラソンレース中にトイレに行きたくなったら、みんなどうしてるんだろう?と疑問に思ってこの記事に辿り着いたんだと思います。

42.195kmを走るフルマラソンの場合だと完走するための一般的な時間は男女合わせて4~6時間。プロだと2~3時間。

 

これだけ長い時間走るので事前にトイレに行ったとしても何が起こるか分かりません。なのでトイレ問題はマラソンあるあるとも言われています。

 

shion
shion

テレビでマラソン観ててもトイレどうしてるんだろう?と疑問に思ってました。

 

生理現象なので仕方ないですが昔は垂れ流しで走ってるって言われていましたが現在はどうあんでしょうか?

などなど、そんな疑問をここでは解決していきます。

マラソン中の垂れ流しは常識なの?

2015年の『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』で元マラソン選手の瀬古利彦さんが

「緊張するとトイレ行きたくなるでしょ? 揺れると大きな方(大便)も行きたくなる。走ってる途中にブブブブと垂れ流し。今でも中継で映さないだけで有名な選手でもやってる」

出展:いってよしニュース

と衝撃の発言をしてます。

 

ただ、ほとんどの選手はレース前にトイレで無理やり出しているみたいです。

 

仮にレース中でもトイレに行くのはありみたいですがトイレに行ってると勝てないので垂れ流している選手もいるという事です。

マラソン中にトイレ問題を回避する為の3つの事前準備

生理現象なので100%無くすことはできませんがマラソン中に垂れ流しする確率を下げることはできます。

①レース前にトイレに行く
②前日はアルコール、カフェイン飲料は飲まない
③こまめな水分補給

当たり前の内容ではありますが、この3点を自分のライフスタイルにすることでレース中にトイレに行かなくていいとマインドコントロールをしていきます。こうすることでマラソン中に垂れ流しという最悪の事態だけは回避することができます。

普段から行う事で気持ちを切り替える練習をしていきましょう。

①レース前にトイレに行く

レース直前だと行列ができるので会場には余裕を持って到着し1~2回はトイレに行けるようにしましょう。

身体を一度動かせば水分が排出されやすくなるのでアップをしてからトイレに行くようにすれば出しやすくなると思います。

②前日はアルコール、カフェイン飲料は飲まない

お酒好きには酷かもしれませんが先日にはアルコールは控えましょう。

カフェインは血液量を増加させ尿の生成量を増加させる利尿作用がある飲み物なのでカフェイン飲料は飲まないようにして下さい。

コーヒーはノンカフェインにすれば飲むことができます。

③こまめな水分補給

普段からこまめな水分補給を行い保水力をアップし新陳代謝を高めていきましょう。

これはウォーターローディングといって1回あたりに飲む量はコップ1杯が目安で1日1~1.5Lの水を飲みます。

ウォーターローディングを行う事でパフォーマンス低下を防いだり疲労回復を早めたりなどの効果が期待できるので自分の身体のコンディションを整えていくことができます。

東京オリンピックでのトイレ事情

マラソンのルールとしてレース中にトイレに行きたくなった場合は沿道のトイレを使用することは可能です

ただしコースを離れた場所よりゴールに近い場所のトイレに向かうことはできません。

東京オリンピックのマラソン中のトイレ事情については、ここに追記していきます。

 

東京オリンピックの男子50キロ競歩でトイレ探しをして時間ロスによる順位が下がるアクシデントがありましたね。

しかもその人は2017年の世界選手権覇者であり世界記録保持者のヨアン・ディニ(フランス)だったんです。

 

ディニはレースの始めの5キロ地点付近からペースを落として違う方向へ歩き出したがトイレが分からない感じで10キロ付近で50番手まで順位が下がりましたが25キロ地点では10番手まで順位を上げてきました。

しかしそれ以降は立ち止まるなどを繰り返したため30キロ付近で棄権しました。

 

世界選手権覇者であってもマラソンでのトイレは大きな壁となり立ちはだかりました。体調管理が勝因に大きく影響することが分かりましたね。

 

まとめ

マラソンのトイレ問題として過去には垂れ流しは実際にありました。その事実について元マラソン選手の瀬古利彦さんがテレビで発言されております。

では、なるべくマラソン中にトイレに行きにくくなる方法は

①レース前にトイレに行く
②前日はアルコール、カフェイン飲料は飲まない
③こまめな水分補給

日頃から実践することでマインドコントロールしていきましょう。

とは言っても生理現象ですのでトイレに行きたくなった場合は沿道のトイレを利用することは可能ですのでアマチュアの場合は無理せず利用することをオススメします。