ドラマ

ロンバケのスーパーボールキャッチとは?再現の成功はあったのか?

ロンバケのスーパーボールキャッチが2021年9月2日放送のモニタリングで再現されるということでロンバケ世代の人にとってはうれしい限りですね。

ちなみにロンバケとはドラマ『ロングバケーション』の略です。知らない人の為に・・・

 

今回のロンバケのスーパーボールキャッチについてはTwitterでもザワザワとしています。

しかも再現するのは本人の木村拓哉さんということなのでめちゃくちゃ楽しみです。

 

木村拓哉さんも25年ぶりの挑戦ということですがモニタリングでも超難関プレッシャーチェレンジとして取り上げられています。

それだけ難しいということなんでしょう。

 

ここでは

・ロンバケのスーパーボールキャッチって何するの?
・今まで再現したことは無かったのか?成功回数は?
・視聴者の反応は?

などを紹介していきます。

ロンバケのスーパーボールキャッチとは?


そもそもロンバケのスーパーボールキャッチとは1996年に放送された木村拓哉さん主演のドラマ「ロングバケーション」の名シーンの1つです。

ロンバケはフジテレビの月9ドラマの平均視聴率で歴代3位(29.6%)の人気ドラマになります。当時、放送時間の月曜夜には街中からOLが消えるとまで言われていました。

 

このロンバケの名シーンでもあるスーパーボールキャッチは名前の通りスーパーボールをキャッチすることなんですがンションの3階から真下に落として、まっすぐ跳ね返って手でキャッチするというじから超難関なんです。

 

このシーンを木村拓哉さんは当時、本番一発OKだったというから驚きです。

shion
shion

これを本番一発で決めるところがさすがですよね。

 

今までに再現は無かった?

今回、モニタリングで木村拓哉さんが25年ぶりに再現するということですが過去に挑戦した番組はないのか調べてみました。

スーパーボールキャッチの再現というよりロンバケの完コピをNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でやっていましたね。

 

木村拓哉さんの役を矢本悠馬さん、山口智子さんの役を奈緒さんでパロディ風に再現し視聴者の笑いを誘って当時、Twitterのトレンド1位になり大反響でした。

 

ですので本来のスーパーボールキャッチは25年ぶりの再現ということになります。

ロンバケのマンションの場所はどこ?

 

木村拓哉さん演じる瀬名秀俊の住むマンション
(スーパーボールキャッチをしたマンション)

住所:東京都江東区新大橋1丁目

daiki
daiki

このマンションは現在は壊されて新しいマンションが建ってるみたいですね。

木村拓哉の25年ぶりの再現に視聴者の反応は?

25年という歳月が経っているにもかかわらず、この人気はすごすぎますね。

まとめ

ロンバケのスーパーボールキャッチとはマンションの3階から真下にスーパーボールを落として、まっすぐ跳ね返って手でキャッチするロンバケの名シーン。

「半分、青い。」でパロディ風の完コピはあったが完全再現は25年ぶりになります。

shion
shion

モニタリングも盛り上がるでしょうね

ロンバケのマンションの場所は東京都江東区新大橋1丁目になりますが当時のマンションはすでに解体されていて現在は違うマンションが建ってます。

視聴者の反応を見る通りロンバケの人気ぶりが分かりますね。