細田佳央太

細田佳央太の演技に魅せられた!うまい理由は役作りへの姿勢だった!

ドラゴン桜に出演した細田佳央太(かなた)の演技がうまい!と多くの口コミに評価が寄せられています。

7月26日(月)には「しゃべくり007」に出演します。バラエティー初出演という事もあり素の細田佳央太さんが観れるのではないでしょうか。

shion
shion

どんなふうになるのか楽しみです。予告だけでも面白かったですね。

 

ここでは、どういったところに演技がうまいと感じたのかなど視聴者の口コミを見ながら紹介していきます。

ドラゴン桜2を観てない人是非観て欲しいのですが細田佳央太さんの過去の出演作品も観て欲しいので最後に紹介していきます。

細田佳央太の演技の評価は?(視聴者編)

細田佳央太さんの演技について様々な意見があると思います。

ここでは口コミの中で多かった意見を「うまい」と「下手」に分けて紹介していきます。

うまい派

下手派

細田佳央太さんの演技についていろいろ調べてみましたが下手だという口コミはありませんでした。

こんなことは珍しく驚いてます。

今後口コミに出てきたら追記していきます。

細田佳央太の演技がうまい!3つの理由

細田佳央太さんが演技がうまいと言われている理由について

①役作りに徹している
②演技の幅が広い!
③妥協しない性格

この3つの意見が口コミに多く寄せられていましたので1つずつ紹介していきます。

役作りに徹している

「今までと別人に見える」こんなコメントを多く見ました。これは最高の誉め言葉でしょう。

細田佳央太さんはドラゴン桜2の健太役のイメージに近づけるために丸坊主にして体重を13キロ増量して役作りに挑みました。

その努力の甲斐あって視聴者からは高い評価を得ています。

演技の幅が広い!

2つ目は「演技の幅が広い」ということです。これは先程の「役作りに徹している」と共通する部分でもあります。

今回の健太役は通常の役と違い「サヴァン症候群」と言われる自閉症を患っている難しい役になりますがドラマを観ていて違和感がありませんでした。

妥協しない性格

3つ目は「妥協しない」というところです。

これは本人もインタビューで答えてます。

僕の中でまだ臨機応変さが足りていないと思っていて。ドラマは映画と比べてじっくり時間をかけることができないので、そういう意味で何個もパターンを持って行かないと、その場でパッと切り替えることができないんです。
出展:モデルプレス

そして同世代の役者には

これから同世代と一緒に作品をやることが多くなると思うと、ライバルであり戦友でもあるなと。努力量では負けたくないなと思います。
出展:モデルプレス

こういう強い気持ちの部分が他の人より飛びぬけてくるんだと思いましたね。

細田佳央太の出演作品

映画
『町田くんの世界』
『花束みたいな恋をした』
『子供はわかってあげない』

テレビドラマ
『FINAL CUT』
『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』
『ドラゴン桜』
『イチケイのカラス』
『ラブファントム』

出展:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

私は『ドラゴン桜』と『ラブファントム』を是非見比べて欲しいですね。

この二つの作品の役を見れば細田佳央太さんの演技がうまいという事が分かります。

まとめ

細田佳央太さんの演技の評価は「うまい」という意見しかありませんでしたね。

細田佳央太さんが演技がうまいと言われている理由について

①役作りに徹している
②演技の幅が広い!
③妥協しない性格

この3つの意見が口コミに多く寄せられていました。

細田佳央太さんは現在19歳(2021年時点)という若さです。今後数多くの作品に出演して行くと思いますので今後も細田佳央太さんを応援していきます。